Skip to main content

注文焙煎 甘い珈琲豆専門店  カフェあります。

 絶対新鮮!! うまさに自信あります。   Tel: 042-588-5321

ようこそ
店舗紹介
メニュー
WEB優待
こだわり
ご注文・問合せ
オトノコーヒーとは
珈琲あれこれ
珈琲について
コピルアック
フィルターサイズ
コーヒーと健康
珈琲ツール
珈琲カップ
珈琲蜂蜜
ひとりごと

珈琲について

コーヒーの果実と種子(コーヒー豆)の構造:ウィキペディアより引用

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Coffee_Bean.png

   

http://commons.wikimedia.org/wiki/File:CoffeeDetail.jpg

見るからに美味しそうな実(コーヒーチェリー)です。

黄色の果実もあるんですね。ブルボンアマレロ

http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Bourbon_Coffee.jpg

分類:ウィキペディアより引用

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC#.E3.82.B3.E3.83.BC.E3.83.92.E3.83.BC.E3.83.8E.E3.82.AD.E3.81.AE.E6.A4.8D.E7.89.A9.E5.AD.A6.E7.9A.84.E7.89.B9.E5.BE.B4.E3.81.A8.E5.88.86.E5.B8.83

界:

植物界 Plantae
門:被子植物門 Magnoliophyta
綱:双子葉植物綱 Magnoliopsida
目:アカネ目 Rubiales
科:アカネ科 Rubiaceae
属:コーヒーノキ属Coffea

   コーヒーノキ

   

コーヒーノキの植物学的特徴と分布:ウィキペディアより引用

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC#.E3.82.B3.E3.83.BC.E3.83.92.E3.83.BC.E3.83.8E.E3.82.AD.E3.81.AE.E6.A4.8D.E7.89.A9.E5.AD.A6.E7.9A.84.E7.89.B9.E5.BE.B4.E3.81.A8.E5.88.86.E5.B8.83

コーヒーノキはアカネ科の常緑樹で、エチオピアのアビシニア高原が原産地である。熱帯地方でよく生育し、成木は約3 〜 3.5mの高さになる。厳しい剪定に耐えることができるが、冬霜がつくと成長することができない。雨季と乾季があるところが理想で、高地で最も成長する。

コーヒーノキは樹齢3-5年後から約50-60年の間花を咲かせ実をつける。白い花は色と匂いがジャスミンに似ている。果実はコーヒーチェリーと呼ばれ、通常赤または紫の核果であるが、品種によっては黄色の実をつけるものもある。果肉にも若干のカフェインが含まれており食用に供される場合がある。果実が成熟するまでには約9ヶ月かかる。

果実の中には2粒の種子が向かい合わせに入っており、一般にコーヒー豆と呼ばれるものは、実そのものではなく種子の部分である。枝の先端に付く実には1粒だけ丸い種子を含むものがありピーベリーと呼ばれる。特にピーベリーのみを集めたものには、稀少価値から高価で取引されることもある。

語源:ウィキペディアより引用

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC#.E6.88.90.E5.88.86

「コーヒー」はアラビア語でコーヒーを意味するカフワ (アラビア語: قهوة‎ ; qahwa) が転訛したものである。元々ワインを意味していたカフワの語が、ワインに似た覚醒作用のあるコーヒーに充てられたのがその語源である。一説にはエチオピアにあったコーヒーの産地カッファ (Kaffa) がアラビア語に取り入れられたものともいう。

この語がコーヒーの伝播に伴って、トルコトルコ語: kahve)、イタリアイタリア語: caffè)を経由し、ヨーロッパ(フランス語: caféドイツ語: Kaffee英語: coffee)から世界各地に広まった。日本語の「コーヒー」は、江戸時代オランダからもたらされた際の、オランダ語: koffie (コーフィー)に由来する[1]

漢字による当て字である「珈琲」は、大垣藩藩医の息子であった蘭学者宇田川榕菴(うだがわ ようあん)が考案し、蘭和対訳辞典で使用したのが、最初であると言われている。これ以外にも、「可否」(可否茶館)、「カウヒイ」(大田南畝『瓊浦又綴(けいほゆうてつ)』)、「哥非乙」(宇田川榕菴『哥非乙説』)[2]などの表記も過去には用いられた。なお、中国語では「咖啡」(kāfēi)と書かれる。

コーヒーの歴史:ウィキペディアより引用

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2

コーヒーの起源については二つの説が伝承として伝えられている。

ただしこれらは後世に考えられたという説もあり、その実際の起源は明らかではない。しかしながら、紀元前には既にエチオピアではコーヒーの実を潰して丸めて携帯食としていたとも伝えられている。これらはいずれも実を食用とするものであった。

初期には、このような食用の他に生の実や豆の煮汁として飲まれていたと伝えられている。いつ頃から今日のように焙煎した豆を用いるようになったかは不明であるが、焙煎器具が発掘された年代から、遅くとも13世紀には焙煎が行われていたと考えられている。

成分:ウィキペディアより引用

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC#.E6.88.90.E5.88.86

コーヒーの生豆には多糖を中心とする糖類、アミノ酸タンパク質脂質の他、コーヒーに含まれるポリフェノールであるクロロゲン酸アルカロイドであるカフェイン(豆重量の1%程度)やトリゴネリンジテルペンであるカフェストールやカーウェオールなど、特徴的な成分が含まれている。

これらの成分は焙煎されることによって化学変化を起こし、その結果数百種類にのぼる成分が焙煎豆に含まれる。焙煎の初期にまず生豆中の水分が蒸発し、その後一連の焙焦反応と呼ばれる反応が起きる。多糖やタンパク質はこの過程で加熱分解され、それぞれ低分子の糖類やアミノ酸を生じ、さまざまなコーヒーの味と香りを生み出す。クロロゲン酸がこれらの分子と共に加熱されることで褐色色素が生じ、コーヒーの色を生み出す。この他、糖類のみの加熱により生じるカラメルや、糖類とアミノ酸によるメイラード反応なども色素の生成に関与する。これらの色素はコーヒーメラノイジンと総称される。コーヒーの揮発性成分としては約900種類の化合物が同定されている。中でもコーヒーの香りに大きな寄与をしている成分としては以下のものが知られている。甘い蜜様の香りを持つβ-ダマセノン、コーヒーの特徴的な香りを持つ2-フリルメタンチオール、トロピカルフルーツ的な香りを持つギ酸3-スルファニル-3-メチルブチル、カラメル様の香気を持つフラネオール、ホモフラネオール、ソトロン、ホモソトロン、木クレオソート様の香りを持つグアイアコール、4-ビニルグアイアコール、4-エチルグアイアコール、醤油様の香りを持つメチオナールナッツ様のロースト香を持つ2-エチル-3,5-ジメチルピラジン、2,3-ジエチル-5-メチルピラジン、バニラ様の香りを持つバニリンなどである。ダマセノンはカロチノイドの分解により、グアイアコール類とバニリンはリグニンの分解により、カラメル様の香りの化合物は糖類の分解により、ピラジンなどその他の化合物は糖類とアミノ酸からメイラード反応で生じるとされている。これらの分子はすべて、苦味や酸味、甘味などのコーヒーの味を決定する上でも重要である。

最終的に飲み物であるコーヒーの抽出液には、これらのうち水溶性の比較的高い成分が溶出される。抽出されたコーヒーは0.04%程度のカフェインを含むが、それ以外の多くの成分についてはほとんど解明が進んでいないのが現状である。

これらの成分はコーヒーの複雑な味と香りを生み出すだけでなく、覚醒作用に代表されるようなコーヒーのさまざまな作用の原因にもなる。


トラジャ珈琲について

●むかーし記憶にあるトアルコ・トラジャコーヒーのトアルコは造語でした。なんだ商品名!
 「トアルコ」とは、トラジャ アラビカ コーヒー(TORAJA ARABICA COFFEE)の頭2文字ずつを取った
 ものです。--キーコーヒーのページより引用
 「トアルコ・トラジャコーヒー」トラジャとコーヒーがダブってますけど、ま気にしないのね。(11/29)
●セレベスの意味は以前セレベス島と呼ばれていた島だそうです。現在はスラウェシ島。
 以下はウィキペディアより引用
 植民地時代はセレベス(英語:Celebes)島と呼ばれたが、インドネシア独立後は一般的にはスラウェシ島と呼ばれる。一部が赤みがかったタロイモの品種であるセレベス芋は、この島が原産である。(11/29)
●タナ・トラジャについては
 トラジャ語で”山の人の国”を意味する。そうです。
 以下のページに詳しく記述があります。
 キーコーヒーの大木さんという方が、20年の歳月をかけて再興した「トラジャ」珈琲だそうです。
 先達の方々に感謝しつつ、美味しく頂きます。(11/29)

ページトップへ